当サイトでは、主に内職スタッフとして、企業で仕事をするという内容を紹介しています。
しかし、『内職』として、企業で働く以外にも在宅で仕事をする方法があります。

その方法の一つが、ハンドメイド作家になるという方法です。
この記事では、ハンドメイド作家としての在宅ワークをご紹介します。

ハンドメイド作家とは

ハンドメイド作家は、自らのアイデア、そして自らの手で商品を制作する作家のことです。

商品は、アクセサリーや、洋服、小物など多岐にわたります。

当サイトの求人でも、縫製内職など、ハンドメイド作家に近いお仕事をご紹介していることがあります。
そのように、企業側の指示に従って、縫製の仕事をするのも良いですが、
ハンドメイド作家は、より自由度が高く、やりがいもあり、報酬に結び付いた時の喜びもひとしおです。

どの分野もくまなく作れる作家さんは、あまりおらずほとんどの方が、自分の得意分野を持っていらっしゃり、それに特化しています。
元々、ハンドメイドの趣味がある方には、うってつけかもしれません。

どんなハンドメイド商品があるのか?

極端な話、ハンドメイドで作られていれば、どのようなものでもハンドメイド商品になるのですが、具体的にはどのような作家さんがいるのか紹介します。

アクセサリー
イヤリング・ネックレス・ヘアゴム・ブローチなどのアクセサリー作家さん。

洋服
洋服・子供服・編み物などの縫製・編み物作家さん。

小物類
帽子などのファッション小物、ペンケース、ティッシュケース、子供の入園・入学に必要な小物類などの縫製・編み物作家さん。

この他にも、ご自分のアイデアで様々な商品を制作している多くの作家さんがいます。

自分の作品を販売する方法

作品を作ることができても、それを購入してもらえなければ報酬を得ることができませんし、在宅ワークとして成り立たせることができません。

では、ハンドメイド作品をどのように収入に結び付けるのか?

まず、ハンドメイド作品を販売している業者や、買取を行っている販売店に購入してもらう方法です。
この方法のメリットは、販売を業者が行ってくれる為、自らは作ることに専念し、販売業務は任せることができる点です。また、作品は業者が買い取ってくれる場合は、自分の手元に売れ残る心配がありません。
もちろんデメリットもあります。
作家と購入者の間に販売店が入るので、作家が購入者へ直接販売するよりも、どうしても手取りの報酬が少なくなります。

また、業者や販売店を介することで、購入者とのやり取りがなくなるので、直接的なお客さんの声は得られにくくなります。この点は、作家さんによっても、とらえ方が異なります。
作家さんによって、購入者との直接の交流ややり取りから聞ける声、喜びの言葉が、やりがいにつながるという場合は、お客さんとの接点がないことはデメリットになりますし、煩わしさがないということでメリットに思う作家さんもいます。

自ら販売まで手掛けるといっても、初めはなかなか難しいでしょう。
自らの作品をブランド化し、ファンやリピーターがついてくれれば、自分のショップやサイトを作り、そこを拠点に作品を販売することもできるかもしれませんが、そこまでたどり着くには時間もかかりますし、ある程度の販売知識も必要です。

では、駆け出しの作家さんも販売できる方法はないでしょうか?

まずは、フリーマーケットです。
調べてみると、地域の様々なところで、フリーマーケットが開かれていたりします。
その他、地域のハンドメイド作家さんが集まって、開かれるマーケットなどもあります。
そのような場所は、購買意欲のある人や、ハンドメイドに興味のある人が集まってくるので販売しやすいです。
また、ハンドメイド作家さん同士の情報交換の場にもなります。

次に、私がおすすめする方法は、ネット販売です。
ネット販売というと敷居が高く感じられる方もいるでしょう。
確かに、一昔前までは、パソコンやその知識がある人のみで行われていたかもしれません。
自分で販売サイトを作るのは難しそうです。作れたとしても、集客に困ります。
しかし、現代ではスマホだけで自分の作品をネット上で販売することができるようになっています。
現に、多くのハンドメイド作家さんたちが、ネットを利用して既に販売を行っています。

ハンドメイド作品のネット販売の強みは、まさに「ハンドメイド」という点にあります。
ネット上で販売を行った場合、多くのショップが同一の商品を販売しているため、価格競争に陥ることがあります。
しかし、ハンドメイド作品は一点物の為、価格競争になる可能性が低いです。
同ツール内で販売を継続的に行えば、購入者が自分のファンになってくれる場合もあります。
また、ネットを使用し、郵送で商品を届ける為、場所を選びません。全国から購入してもらうことが可能になるのです。

ネット販売のデメリットもあげておきましょう。
先にも書いた通り、ネット上には既に多くのハンドメイド作家さんが参入しているため、多くの作品が販売されています。そのため、購入者もいろいろな作品を見て、商品を比較吟味するため、必然的に作品のデザイン性や作りなど、質の良さが求められるようになります。
しかし、ここで諦めずに、他の作家さんの作品に負けない作品を作成すべく腕を磨いていくことが成功へつながるのかもしれませんね。

なにはともあれ、ハンドメイドが趣味で、よく作品を作っている方などは、試してみる価値はありそうです。
以前作った作品が、眠っている方は、思い切って販売にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

もっと売れっ子ハンドメイド作家になる本