#6 ライターになるには?編【内職手作業の求人NAVI】

手作業内職と在宅ワークを中心としたバイト情報サイトです。シール貼りやデータ入力などの自宅で稼げる求人や相談窓口を都道府県別に探せます。
トップ > 口コミ体験談 > #6 ライターになるには?編

#6 ライターになるには?編

主婦 F子
 F子さん 43才

【在宅ワーカー歴】
ライター歴 約4年

【ライターとしての稼働時間】
1日平均5時間

【ライターとして得ている1カ月の収入】
3万円程度

【スポンサーリンク】


【体験談】
口コミ①仕事の探し方
わたしはライターの仕事ができる会社二社に登録して、ライティング活動をしています。
美容や恋愛・グルメ・旅行などさまざまなカテゴリの案件の中から、その分野の知識や体験があって書きやすそうな案件を選びます。
コラムや体験記事やブログ調など、指定される文章の形式もさまざまです。


口コミ②在宅ワークを始めたきっかけ
元々はハンドメイドの雑貨屋を経営しており、以前は店を経営しながら副業として空き時間にライティングの在宅ワークをしていました。
店だけでの収入では厳しかったのと、店と両立するためには自宅で空き時間に行える仕事でなければできなかったので、ライターはちょうど良かったのです。

その後、結局、雑貨屋は閉店したのですが、店で行っていた編み物教室を今は出張講師というスタイルに変更して続けています。編み物講師の仕事は生徒さんと都合を合わせてスケジュールを立てるので、ほかに何か仕事をするとしてもスケジュール調整がしやすいものでなければ両立が難しいです。その点でもやはり、ライターの在宅ワークは空き時間にできて助かります。
そんなわけで今でもずっと副業として続けています。


口コミ③1日のスケジュール(編み物講師がない日)

朝6時起床 お弁当作りなど、朝の支度

7時半 主人を送り出して、洗濯や掃除など

8時半~記事作成

12時~昼食買い物など

14時~記事作成

17時~夕飯の支度

こういう感じですが、やはりパソコンに長時間向かうのは目も疲れるので間に適度に休憩を入れながら行っています。だいたい合計すると、1日に5時間くらい記事作成をしていると思います。
編み物講師の仕事がある日は、帰ってから数時間のみパソコンに向かっています。


口コミ④在宅ワークのメリット・デメリット
ライターの仕事は、何より空いた時間に自分のペースで作業ができる点が良いです。
家でできるので、家の用事などもできますし、職場へ通う時間も不要なので時間を上手に使えます。
調べて書く案件もあり、知識が豊かになる点も良いと思います。
だんだんと数をこなすうちに慣れてきて、今では以前ほど時間もかからずに記事作成ができています。

大変なのは、わたしの場合目が悪いので目に負担がかかることでしょうか。でもこれも休憩を入れながら行うことで改善されています。


口コミ⑤ライターにはどんな人が向いてる?
わたしは大学で国文学科を専攻していて、もともと文を書くのが好きでした。やはりこの仕事は、文章を書くのが好きな人に向いていると思います。
また、いろいろなことに好奇心がある人、コツコツ地道にやれる人に合っているのではないでしょうか。
スポンサーリンク


page top